作業者

原状回復をする際にかかる敷金の費用とは?

どこまで行う必要があるか

おもちゃ

費用の相場と準備

借りていた部屋を返すさいには借りた時の状態に戻すことが契約で記されていますが、それを現状復帰と言います。現状復帰そのものは借り主が負担する部分と貸し主が行うべきところの2点があるのですが、この境界が必ずしも明確ではないためトラブルの原因になります。現状復帰でのトラブルとしては高額な清掃費用やリフォーム費用を請求されたり、見に覚えのない傷やシミまで請求される、また設備の交換費用を負担させられるといったケースです。以前はあくまでも借り主と貸し主の話し合いで行われていましたが、トラブルも多く裁判にまで発展したケースもあり現在では国土交通省がガイドラインを設けています。ガイドラインは法的な拘束力はありませんが、明文化されたルールであり、現在ではガイドラインに沿って費用負担を決めるのが一般的になっています。国土交通省のガイドラインでは、借り主が負担すべき現状復帰としては、故意の過失や手入れを長期間怠って発生した損耗と通常想定されていない使い方で生じた損耗の2点です。これ以外の自然損耗、例えば日焼けやタバコなど借り主の責任以外のクロスの汚れなどは負担する必要のない損耗といえます。また設備に関しては貸し主側が負担して修繕すべきものになります。原状復帰の費用相場としては一般的なマンションでは1平米あたり1000円が相場とされています。原状復帰以外としてルームクリーニングが別に発生し、その場合には2万円程度が費用の相場です。原状復帰は修繕を行う必要がないぐらいに部屋をきれいに利用していれば発生しないこともありますが、ルームクリーニングは必ず行うことが多く退去するさいに必要な費用といえます。