作業者

原状回復をする際にかかる敷金の費用とは?

費用を抑えた賃貸退去法

工事

コストダウンの助けとは

オフィスや居住用に賃貸物件を借りている方は多いと思いますが、いざ引っ越すことになった場合に問題となるのが現状回復です。一般的に、賃貸物件では賃貸中に物件内に造作したものは借主負担で撤去することが義務付けられていることが多いです。特に居抜き工事などの大規模なリフォームを行っていたような場合には、現状回復を行うために大掛かりな工事が必要になることもあり得ます。もしそのような工事が必要となればその費用も膨大となり、引っ越し費用と相まって多大な負担となりかねません。そこで、いかにしてこの現状回復に要する費用を抑えるかが重要となります。現状回復のコストダウンを図るためにポイントとなるのは、業者選びと工事内容の選別の2点です。なかでも前者においてはいかにして中間業者を排除するかによって、費用を大きく抑えることが可能となります。工事料金は業者によって千差万別で決まった金額がある訳ではありませんので、かならず複数から見積もりを募るようにするようにしましょう。また、できれば賃貸物件に精通したコンサルティング会社に間に入ってもらうことで、交渉を有利に進めることが可能となります。加えて、余計な工事を避けるために、回復すべき現状とはどういった状態であるのかを、貸主と施工業者としっかりすり合わせることも重要です。工事内容を必要最小限にとどめたうえで、見積金額の低い業者に依頼することによって、原状回復費用を大幅に低減することが可能となります。