作業者

原状回復をする際にかかる敷金の費用とは?

部屋を返すさいにすること

空室

どの程度までするのか

賃貸物件を借りていて、それを返す場合には原状回復工事を行うことになりますが、原状回復というものはトラブルが多いことでも知られ、部屋を借りる側も貸す側も互いに納得していることが円満に行うためには重要です。原状回復で借り主が行わなければいけないのは、通常生活をしていて発生しないような大きな傷や汚れなどです。このため日常生活をしていることで、発生する日焼けや電気焼けといったもの、またクロスの色落ちや変色、家具を置いた床やカーペットのへこみ、設置跡などは貸し主の負担されます。一方で、借り主がなんらかの理由で汚してしまったもの、例えば飲み物をこぼしてシミになったといったものは借り主の負担になります。また風呂、トイレ、洗面台などの附属する設備においても借り主の日頃の手入れが悪く汚れがひどく付いてしまった場合も借り主の負担となるケースがあります。いずれにしても掃除を行い正常な生活を営んでいる上で、自然発生した汚れや傷などは貸し主がその費用を負担する必要がありますが、それ以外の借り主の故意または日頃の手入れ不足などによって発生したものは借り主が負担しなければなりません。一方で原状回復でのトラブルを避けるためには入居時が重要です。もともとシミがあったりした場合には、それらを把握しておく必要があります。この際に写真を撮っておくとか、一対一で交渉するのではなく複数の人に立ち会ってもらい確認をしておくことが重要です。